福岡県豊前市にあるくらとみ歯科医院

お電話でのお問い合わせはこちら

0979-64-6330

24時間受付中

ネット予約はこちら
くらとみ歯科医院

セレック

これからの新しい詰め物・被せ物のカタチ。口を大きく開けて笑えますか??これからの新しい詰め物・被せ物のカタチ。口を大きく開けて笑えますか??

これからの新しい詰め物・被せ物のカタチ。口を大きく開けて笑えますか??

「銀歯が目立ってとても気になる。」
「治療しても銀歯は入れたくない。」

現在、女性を中心として”歯についての美意識”が非常に高まっており、高い金額は出したくないが美しい歯でいたいといったご要望が増えてまいりました。

日本はもちろん世界的な傾向で、このようなニーズに応えるべく、ドイツで生まれたのが「セレック」です。セレックは、今まで銀歯で治療していた部分をセラミック(陶材)を使った補綴物(ほてつぶつ)に変更することで、元からある自然歯と同じような色、質感を実現しました。

セレックはここがポイントセレックはここがポイント

より、ご自身の天然歯に近づいた審美性。

様々な歯の色に対応し、隣り合う歯によく馴染む新素材のセラミックブロックは審美性に非常に優れており、噛み心地や舌触りなどの質感もご自身の歯と同じような自然な感触です。

安全で安心、体に優しいセラミックでできています。

セレックはセラミック(陶材)を使用しており、金属アレルギーの心配がありません。
生体親和性が高く、変色や摩耗などの心配も不要で体に優しい素材です。
セレックシステムで完成した修復物は、最先端の接着方法により10年間で90%以上の残存率を実現します。

コンピュータを使用した精度の高い修復物。

現在最新のコンピュータシステムを利用し、従来の手作業に比べて大きく時間を短縮しただけでなく、高い品質と精度を持つ安定した修復物の提供が可能になりました。

セレックの治療の流れセレックの治療の流れ

歯を削った後、3Dカメラで口腔内の撮影を行います。

歯を削った後、3Dカメラで口腔内の撮影を行います。

治療する歯の患部を削った後、先進の3D光学カメラを用いて患部を撮影(スキャン)するだけなので、従来の型取りをする際の”不快感”はありません。

作業もわずか数秒で終了し、患部の歯列がモニターに映し出されます。

(※症例により、従来の型取りが必要な場合もございます。)

コンピュータの画面上で修復物を設計。ミリングマシンによる形成・加工を行います。

コンピュータの画面上で修復物を設計。ミリングマシンによる形成・加工を行います。

モニターに映し出された3Dの画像を、あらゆる角度から確認し、噛み合う部分の盛り上がりや形状を微調整し、理想的な形を作っていきます。

設計完了後は、セラミックブロックのサンプルを使用して患者様の歯に最も適した色のものを選択します。

修復物の形成にはミリングマシンと呼ばれる機械を使用します。

この機械がコンピュータで設計されたデータをもとにセラミックブロックを削り出し、みるみるうちに精度の高い修復物が加工・製作されていきます。

口腔内へのセット

口腔内へのセット

セレックの接着法は、これまで10年間で90%以上の残存率を実現しています。

削り出されたセラミックの歯を、この接着法を用いて口腔内へセットし、治療が完了となります。